藤波朱理の筋肉が凄い!トレーニングや練習方法が過酷でヤバすぎる!

*この記事はプロモーションを含みます

2023年世界選手権で優勝した、藤波朱理(ふじなみあかり)さんは日本を代表するレスリング選手です。

2024年8月5日〜11日の間で開催されるパリオリンピックの試合に向けて、日々体づくりに奮闘する藤波朱理さんですが、『筋肉が凄い!』と試合を見た視聴者から注目を集めているようです。

そこで今回の記事では、

・藤波朱理選手の筋肉が凄い
・藤波朱理選手のトレーニングや練習方法がヤバい!
・藤波朱理選手のwikiプロフ

などについて調べてみました!

では行ってみましょう〜!

目次

藤波朱理選手の筋肉が凄い

藤波朱理選手の、可愛い笑顔とは裏腹に『筋肉が凄い』と一部ファンや視聴者から注目されているようです。レスリングで勝利するため、並大抵の努力では筋肉をつけることは難しいですよね?

そこで下記見出しから、藤波朱理選手の筋肉の画像を集めてみましたのでご覧ください↓

藤波朱理選手の筋肉画像

藤波朱理選手のInstagramより、世界選手権の代表に内定した時の画像です。

みても分かるように、腕の筋の筋肉がかっこいいですね!

お次は、読売新聞さんからのXの引用画像になりますが、写真右上の画像にご注目ください!鍛えられた大腿四頭筋(だいたいしとうきん)を!すごくムキムキですね。ハニカム可愛い笑顔とのギャップが素敵です!

最後にもう一枚だけ、背中にある、三角筋(さんかくきん)、棘下筋(きょくかきん)が凄く綺麗に出ていますね!

藤波朱理選手のトレーニングや練習方法がヤバい!

さて、前見出しでご紹介した、藤波朱理選手の筋肉の画像でしたが、とても綺麗な形でしたね。

それは、藤波朱理選手が行うトレーニングや、練習方法がハードであり、並大抵の努力ではあそこまで期待上げるのは難しいと考えます。

実際に、レスリングの練習をされている現場を紹介されていますが、練習であっても手を抜いていないのが分かると思います。

写真からも伝わる躍動感や、緊張感ですね!さすがプロのレスリング選手です!

主な練習内容は、ランニング、馬跳びや前転、後転などハードな練習を休むことなく続け、試合の実践トレーニングも重ねているようです。

練習はランニングに始まり、馬跳びや前転、後転、開脚前転、開脚後転などさまざまなバリエーションのマット運動を行った。その後、ステップワークへ。コーチの笛の合図に合わせて、瞬間、瞬間で止まり、動く。すばやい反応と動作が求められる。

タックルの練習、打ち込みなどを経て、スパーリングに。軽快なステップと高速タックルが冴える。長い休憩を挟まないから、体力も自然に培われていくのだろう。

引用:https://tarzanweb.jp/post-272971

藤波朱理選手のwikiプロフ

藤波朱理さんは、三重県の四日市市で生まれました。

元レスリング選手であり、日本体育大学出身の父親、藤波俊一(ふじなみ としかず)さんの、背中を見て育った藤波朱理さんは、4歳の頃からレスリングが大好きだったようですね!

朱理さんよりも先に兄である、藤波勇飛(ふじなみ ゆうひ)さんもレスリングをしていて、生まれた時からレスリングが身近だったようなので、レスリングに自然と興味をいただいたのかもしれません。

  • 名前:藤波朱理(ふじなみあかり)
  • 生年月日:2003年11月11日
  • 星座:蠍座
  • 血液型:O型
  • 年齢:21歳(2024年6月現在)
  • 出身:三重県四日市市
  • 身長:164cm
  • 階級:53キロ級

まとめ

今回は、「藤波朱理の筋肉が凄い!トレーニングや練習方法が過酷でヤバすぎる!」と題してまとめてみました!

・藤波朱理選手の三角巾、棘下筋、大腿四頭筋が凄い!
・藤波朱理選手のトレーニングや練習方法が、ランニング、馬跳び、前転、後転、開脚前転・後転などのトレーニングを重ねておりハードである!

去年9月、世界選手権にて、長年の夢であったパリオリンピックへの切符を手にし、とうとうその時を迎える、藤波朱理さん。

プロとしての意識の高さが高く、数々の強敵相手にも立ち回り、勝ち抜いてきました。

これから始まる、パリオリンピックでの彼女の活躍に期待大ですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次